バックナンバー
  • トップ

工事開始前には説明会を

安全を建設業者は正しく説明を

建設業者は安全管理を徹底する

日本のお家芸と言えば、家電製品や自動車産業、そして近年ではIT産業が有名です。ただ、今も昔も日本の国を縁の下から支えているのが、建築業者です。日本人の目線からは普通に見える建設会社の働きぶりですが、海外の人々から見れば、素晴らしい品質だと大絶賛されます。日本人の目線からは普通に見える騒音対策、安全対策、環境保護への対策なども、諸外国では実践されていない事が多いです。また日本の建設会社はフットワークが軽く、それでいて世界トップクラスの品質で建物や道路をあっという間に作り上げます。世界の人々からは大絶賛される日本の建設業者ですが、近年では時々近隣住人とトラブルになる事があります。以前は町中であまり建設業者が道路工事や建物の補修工事をする機会が無かったため、近隣住人の方々と騒音や安全意識を巡ってトラブルになる事は稀でした。しかし、最近では日本の住まいや道路や橋等が老朽化してきており、その補修とメンテナンスに各町の建設業者が奔走しています。近隣住人の方々がきちんと工事の安全管理を理解してくれる場合も多いですが、しばしばちょっとした勘違いから、揉め事に発展する事もあります。特に工事をする側が説明を怠ると、近隣住人の方々にせっかく安全管理を徹底している現場の様子が伝わりにくくなり、高齢層を中心に勘違いによるクレームを受ける事になります。

↑PAGE TOP