バックナンバー
  • トップ /
  • 建設前に苦情防止のために配慮

苦情防止の試みについて

建設前に苦情防止のために配慮

建設前に近隣住人に説明をする

建設工事は、大きな騒音が発生したり、工事に伴う粉じんが大量に発生することも多く、近隣住人には大きな迷惑をかけてしまうことも多いでしょう。また、建設工事車両が通行することも多くなるので、建設工事現場の前の道路の通行量もかなり増えることになり、近隣住人に中にはその点も迷惑を感じる人もいるでしょう。建設工事を行うことは、近隣住人に迷惑が掛かるので、苦情防止のために、しっかりと対策を行っておくことが大切になります。まず、苦情防止の基本としては、工事に着工する前にはしっかりと近隣に挨拶をしておく必要があり、規模がかなり大きな工事となる場合には、近隣説明会などを開催することが大切になります。事前に迷惑をかけてしまうことを謝罪し、迷惑をかけてしまった時には真摯に対応するように説明することが、苦情防止につながります。また、工事現場に出入りする車両は、タイヤが土で汚れていることが多いので、しっかりと土を落としてから工事現場を出るようにし、現場の近くの道路を汚してしまった時には、すぐに清掃を行うようにすることも苦情防止のためには大切になります。騒音振動も苦情の原因となるので、工事中はできるだけ発生しないように配慮が必要となります。

↑PAGE TOP