バックナンバー
  • トップ /
  • 建物建設時に注意すべき点とは

作業員が働きやすい環境作り

建物建設時に注意すべき点とは

近隣住人などに配慮した建物建設

建設工事を行う際には近隣住人の中でも特に子どもに配慮する必要があります。工事現場では大型のダンプトラックやバックホウなど様々な機械が使用されるため、騒音や振動が発生します。工事によって大きな騒音や激しい振動が発生すると、小学生や中学生などが勉強をする時間を阻害してしまいます。近隣の住人とのトラブルを避けるためにも、事前に十分な騒音・振動対策を講じることが求められます。また近隣の人々が安心して生活を送れるように、安全対策にも注意が必要です。建設現場で様々な機材や資材を使用するため、危険が存在します。近隣住人や子どもたちの安全に配慮するだけでなく、作業員が安心して作業を行えるようにする必要があります。騒音・振動対策に加えて安全対策を十分に講じることで、作業員の作業効率が向上すれば工事期間にも影響を与えます。工事期間がより短くなれば、その分の費用を削減することができるため工事価格も安くすることが可能です。騒音・振動対策と安全対策を行うかどうかは顧客が工事を依頼する際の1つの基準となります。建設会社が効率的に工事を行うためには近隣住人や子どもたちだけでなく、現場で働く作業員についても配慮が必要です。

↑PAGE TOP