バックナンバー

建設の必須情報

  • トップ /
  • 建設工事に不可欠な騒音対策

工事を円滑に進めたい

建設工事に不可欠な騒音対策

建設工事の前によく説明を

住宅街に新しく建物を建設する場合は、騒音対策を万全に期さなければいけません。昨今、各地域で問題となっているのが、騒音問題に起因する近隣住人とのトラブルです。法令に従って新しい店舗やビルを建設しようと作業を進めようとしたところ、近隣住人から迷惑だとクレームを付けられてしまうケースが続出しています。中には近隣住人が団結して建設会社を訴える、あるいは新規建設の反対運動を起こす等の事例が目立ってきました。特に高齢者が暮らす街はそういった近隣住人とのトラブルが起きやすく、工事の騒音がきっかけとなりやすいです。騒音対策をしっかりと施しておく事で、建設工事が円滑に進められます。工事関係者は有り体に言って、普段から激しい物音に慣れているため、騒音に対しては耐性があります。しかし、住宅街で暮らす主婦や高齢者の方々は騒音に敏感です。また新しく建物を作られる事イコール環境破壊、といった古い図式で物事を見る人々もまだまだ多く、新規で建物を作る場合はたとえ完璧に法令に則っていたとしても、近隣住人への説明は事前にしっかりとしておきたいところです。説明と騒音対策の2点を押さえる事で、工事はクレームや反対運動に遭う事もなく、スムーズに進められます。

↑PAGE TOP